サポートライダー

以下のライダーに加え、日本全国にサポートライダーがいます。

 

<ヤッサン>

MFJ エンデューロ(国際B級)

本澤会のエースライダー。バンザイダートのセンターも兼務している。

国産2ストをこよなく愛している。今はヤマハだが、もしカワサキが2スト出したら即乗り換えると聞いたことがある。

コース開拓と解説も一流である。

マシン:YZ250X

img_7

 

<T川さん>

JEC・JNCC・CGC等に出没

バイク用品にやたらと詳しい用品オタク。

毎回珍しい用品やパーツを見せびらかす為にやって来る目立ちたがり屋。

マシン:200EXC

IMG_2485

 

<小動物>

カワイイ生き物(分類上は齧歯目)。

厚木の河川敷付近に巣がある。

天敵はカラスとT中さん。

好物:乾燥したひまわりの種・どんぐり

小動物

 

<T中さん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦

ライダーとしての実力はもちろん、デザイナーとしても日本文化に大きな影響を与えている。

全く練習しない上に整備嫌い、そのくせメシは人一倍食うというダメな大人の見本。

頸椎ヘルニアを筆頭に日頃の不摂生から体がガタガタで、本澤会構成員の中でも屈指の体力の無さを誇る。

マシン:200EXC
SANY0016

 

<Taniさん>

MFJ エンデューロ 承認Bクラスに参戦。

着やせするタイプ(写真 青い方)。

実は国際派ライダーであり、アメリカのカリフォルニアでは良く知られている。

強靭な肉体を持ち、ふくらはぎが太くなりすぎて、履けるブーツが少なくて困っているようだ。

マシン:TE250

SANY0021

 

<ナオさん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦する予定(すでにゼッケンベースは黒色が張り付けられている)

西日本のバイク文化調査に注力している。最も力を入れているのは、名古屋と大阪近郊であると推測される。「手羽のやまちゃん」と「串揚げのだるま」に行った回数は数えきれない。

チームちんちくりんのセンターも兼務している。

マシン:200EXC

img_9

 

<S次郎さん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦

JNCCにも参戦(compB)しており、東北や九州にも活動域を広げている。しかし、最近、「JNCCのcompクラスは出るより、見る方が楽しい」と言っていた。

スゴイ体力の持ち主である。そして、骨が太くて丈夫そうである。きっと骨折はしない気がする。

マシン:TE250

img_6

 

<オガワさん>

JNCC WEXに参戦。

エントリー宣言せず、コッソリWEXに参戦したりする。

四輪も好きであり、ガレージには動かないランドクルーザーが置いてあるという。最近、娘に古いミニをプレゼントしたようであるが、実際ミニに乗っているのはオガワさん自身である。

古いランタンも好きであり、LEDのランタンを使っていると指導が入る。

マシン:TE310(イタリアン)

10250182_1582566518695141_3300826463936236847_n

 

<ザキヤマさん>

JNCC WEXに参戦。

土曜日が仕事の事が多く、開催地が遠いMFJ エンデューロには、なかなか参戦できない様子である。

CRF450Rに乗っていたが、CRF250Xに転向したようである。理由は定かではないが、セル有りの誘惑に負けてしまったのだろう。

とはいえ、CRF450Rもまだ手元に残っているようなので、いつか気合の鬼キックを見せてくれるかもしれない。但し、CRF450Rのラジエーターホースは、オガワさんのミニに流用する為、取られてしまったとのことである。

マシン:CRF250X

ザキヤマさん

 

<かめきちさん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦

本澤会初期メンバーで唯一アスリートの肉体を持つ。(他の人はたるんだお腹を持つ)

キャベツと鳥ササミを主に食べている。実に可哀そうである。

実は芸術関係の学校を出ているという噂である。知ってました?

ブログもやっているようだが、更新されることは無い。

Rフェンダーが無いバイクが走っていたら大抵彼である。

マシン:250EXC

1462174402202

 

<イトウさん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦

天下一品のスタミナラーメンと、かつやのカツ丼(松)をこよなく愛す。そのせいか、最近お腹がたるんできて困っているらしい。

たるみ解消のため、会長からイイ自転車を譲り受けた。しかし、日々、駐輪場に展示されていて、動くことは稀である。

マシン:250EXC

img_8

 

<コロシヤさん>

MFJ エンデューロ ナショナルクラスに参戦

コロシヤを職業としている。最近、皆に、コロシヤであることがバレてしまい、仕事がしづらくて困っているようです。

しかし、本澤会の中で、最も人格者であり、コロシヤさんのいう事だけは信用できます。本当です。

マシン:SEF-R250

1439460551589

 

<本澤会長>

MFJ エンデューロ 承認Cクラスに参戦。

10代からCrazy Off Roader Jacobinとして横浜近郊で活躍。現在は拠点を東京に移している。

週末は、昼から酒と勝負している模様。しかし、酒には未だ勝ったことは無いようである。昔、「酒Power」などというステッカーを貼っていた。

マシン:250EXC DJEBEL200(本番車)

5IMG_1064

 

 

変態Kちゃん

昨今のエンデューロ界ではハード系エンデューロの選手を敬意を込めて「変態」と呼ぶこともあるが、この人はそれとは違い、全く敬意の必要のない変態。

20年以上前にツーリング先の北海道でタニさんと知り合ったのが彼の人生の間違いだったのだろうか。。

彼の逸話も数知れず、紹介しきれないのが惜しい限りである。

写真ではポチャポチャしているが、現在は激ヤセし、一部では末期ガンなのではないかと噂されている。

マシン:TE250

k

 

<ドラさん>

本澤会一オシャレなドラさん。その穏やかな風貌とは裏腹にマキシスカップ長和ではタイヤセクションで華麗な発射を披露。

次戦からマキシスカップのエントリーが減ったらドラさんのせいだと思います(笑)

マシン:125EXC

ドラさん

 

<M崎さん>

MFJ エンデューロIBクラスに参戦中

バイク業界に詳しく、頼れる存在。

マシン:FE250

IMG_1546

 

<破壊神オカニー>

本籍は和田屋SRC。

やたらとマシンを壊すので以前は破壊王と呼ばれていたが、最近はその壊しっぷりに磨きがかかり(壊れる筈のない部分を壊したり、過去に誰も見た事の無い様な壊し方をする)、遂に破壊”神”に昇格した。

記録より記憶に残るタイプのポケモンである為に周囲はあまりリザルトを気にしないが、2016のJEC広島ではナショナル2位と好成績。実は凄い人だったんですね。。。

マシン:YZ250X、YZ250FX、その他多数だが、本番車はKLX650

オカニー

<村田義昭さん>

村田義昭さん。

マシン:KX500

ラッキーさん

<レン君>

自転車が大好きな若者。どうやらバイクにも興味がある様だ。

朝の3時半に突然起きて布団の上で歯磨きをし出したり、深夜に魚を大量に開いたり、コースでも何でもない斜面から自転車で転げ落ちてきたり、ガケを担いで登ったりと奇行が目立つ。

マシン:マングース(青)

image

 

<謎のサラリーマン>

2013年のWEXに突如として現れた営業マン。職位は課長らしい。

「アドレスは世界最高の通勤車」などと抜かしフル参戦するも、モペットクラスの妖怪N本さんには勝てずじまい。

その後彼の姿を見た者は居ない…

★主な伝説

・デコボコランドで一時トップを快走。ビードが落ちて後退するもピットで修理して完走。その時にピットで貸して頂いた他エントラントの空気入れが謎の分解を遂げる。その後、ビード落ちの教訓からチューブレス→チューブに変更した。

・糸魚川がまさかの40・90同コースという、10インチにとっては絶望的な難易度となるも完走。泥が噛んでハンドルが切れなかったらしい。下りで酷使した所為かリヤのホイールが焼き付き交換を余儀なくされた。また、エンジンケースが割れた為注文した。

・クラッシュ続出で危険だとクローズされたガイアの丸太セクションを、ギャラリーの協力を受けてわざわざ通過。ウッズでドレンボルトを木の根に引っ掛け破損、エンジンブロー。後日エンジンケースを交換時、対策部品(明らかに肉厚になっている)となっていて、やはり世界最高の通勤車は違うなと感動したらしい。

・坂下ではファイナルラップまでトップを走り、下り坂では死ぬ気で開けていたが妖怪に勝てず… スクーターとスーツ姿を見た関西人にツッコまれていた。

・爺ヶ岳のレースの日が彼の40歳の誕生日だったが、前日に食べた豚が食中り。パドック中をゲロまみれにし、スタート前にも2リットル位吐きながらも出走。RRRでまたしてもドレンボルトをヒットし還らぬ人となる。その後ヤフオクで予備エンジン購入。

・雨上がりの勝沼はあまりの難易度に途中でタイムオーバー。前日にタイヤ超えにチャレンジし、盛大に投げていた模様…

・長和のウッズで派手に転倒し肩を骨折、更にエンジンをやらかす。その後Wエントリーした120Bクラスで優勝して周囲を呆れさせた。今でも骨折の後遺症に悩まされているらしい。

・アドレスのポケットの中には常に「ファンタオレンジ」が入っていた。(長和では入手出来なかった為「おーいお茶」)

・アドレスは会社の後輩を騙して説得して5万円で購入。また、散々レースで酷使した車体を7万で売ったらしい。酷い話ですね。

・彼はSUZUKIの開発ライダーとの噂も。現行V125系エンジンのドレンボルトが下から横に変更されたのは彼の功績と思われる。

※本澤会ではこの方を探しています。ご存知の方はお知らせ下さい。

マシン:アドレスV125G

img_4