サポートライダー2

<和田屋SRC>

和田ぽん JEC(IB)、JNCC等に出没(お客様サポート込)
バイクショップ「和田屋」当主。
経験からくるソフト/ハード両方のノウハウが顧客を掴んで離さない。
現在最も本澤会のイジり方を分かっている一人でもある。
エンデューロ界で最もセクシーな男として有名。
マシン:KX250他
IMG_2634IMG_2631

破壊神オカニー JEC(IB)、ゲロレース等に出没
やたらとマシンを壊すので以前は破壊王と呼ばれていたが、最近はその壊しっぷりに磨きがかかり「壊れる筈のない部分を壊す・過去に誰も見た事の無い様な壊し方をする」だけにとどまらず、遂に「触ってもいない他人のバイクやトランポにまで被害が飛び火する」領域に至り、もはや破壊神としか表現出来ないステージに到達した。
記録より記憶に残るタイプのポケモンである為に周囲はあまりリザルトを気にしないが、2016のJEC広島ではナショナル2位と好成績。実は実力者である事を世に示した。
ただ、何かを「やらかした」レースを誇らしげに語り、何事も無かったレースを物足りないと思ってしまう傾向が本人(神)にある為、更なる被害拡大が懸念されている。
マシン:YZ250X、YZ250FX、その他多数だが、本番車はKLX650R
オカニー

コマさん JEC(N)等に出没
真面目で練習熱心だが、生まれ持った運の無さ(又は運の無駄使い)が如何なく発揮されてしまう面白い人(ちょうどイイ写真が無いというところもその一つ)。
全く練習しないT中さんを一方的にライバル視している。
2016JECLites成田では、T中さんに負けたら坊主にするという話だったのだが…
バイクを複数所有し、トランポも上級グレードなのできっとお金持ちなんだと思います。
マシン:KX100・クロストレイナー
image

高い資産
その昔開催されたJECライツ川西モトクロスランドでTaniさんに出会って以来、じわじわと本澤会の渦に巻き込まれていったいわゆる被害者。
本澤会新年会会場で会長からホタテキャップを押し付けられ、本澤ジャンパーも半ば強制的に購入させられた本当に可哀想な人。
マシン:KX250FSE
image

高石嫁
本澤会最強のホタテキャッパー。

穏やかな雰囲気の中に秘めた「和田屋魂&本澤会魂」は他を凌駕すものがある。
普段から本澤ジャンパーを着用して買い物に行ったりしており、近所の方から不審に思われていないか、こちらが心配になってしまう。
少女の様な可愛さと妖怪の様な可愛さが同居する不思議なキャラで、酔っぱらうと色々と危険。
素敵なキャラの弟が居り、本澤会ではいち早く彼の宴会参加を望んでいる。
マシン:CRF125F
image

N島さん
のんびりしていて食べるのが好きなN島さんは和田屋SRCの和み要員。
変態度の高い和田屋SRCにもこんな普通の人もいるんだ!と驚きを隠せません。
中島さん

オーニシさん JEC(N)、JNCC等に出没
普段は本澤会を嫌がっている素振りをしているが、本澤会の目の届かないところでホタテキャップをかぶっていたりと実は一緒に楽しめることを喜んでいるいわゆるツンデレ。
自分の気に入ったバイク用品(特にオフロード用品)をつい多めに購入してしまう癖があり、レース会場で余った商品を売りさばいている。
某アルファベット4文字団体の会場では彼が売り始めた事をきっかけに「出店」という文化が始まったという説もある。
マシン:200EXC
image

村田義昭さん
村田義昭さん。
マシン:KX500

ラッキーさん

レン君
自転車が大好きな若者。どうやらバイクにも興味がある様だ。
朝の3時半に突然起きて布団の上で歯磨きをし出したり、深夜に魚を大量に開いたり、コースでも何でもない斜面から自転車で転げ落ちてきたり、ガケを担いで登ったりと奇行が目立つ。
マシン:マングース(青)
image

アナコンダ使い
本澤会には不似合いな爽やか好青年。
地を這うアナコンダに乗りどんな難所もクリアしていく国内トップクラスのアナコンダ使い。
今年はフランスで行われるI.S.D.A.(インターナショナル・シックス・デイズ・アナコンダライド)に日本代表として参加予定であり、本澤会は全力で応援していく所存である。
マシン:オオアナコンダ(体長10m)

健さん
某川原では知らないヒトはモグリといわれるライダー。
健さんをお見かけしたら走行中でもヘルメットを脱いで90度のお辞儀をするのが某川原のルールらしい。
クルマをひっかけた相手に注意をしようとしたら、生命の危険を感じた相手が全力で逃げて最後は警察署に駆け込んだというのはウソのようなホントの話。
当然ワルいのは相手なのだが、なぜだか同情を禁じえない。
マシン:RR2T

ケンさん
健さんの生き別れの双子の弟。
見かけは健さん同様イカツイが、電車の中で困ってる女子を助けたりパンクした中島にチューブをあげたりするとてもイイヒト。
健さんと2人揃ったところを見た者は未だ誰もいない。
マシン:RR2T

M岡さん
バイクを投げさせたらオカニーさんに匹敵する変態ライダーで、 いかに遠くに投げるかを日夜研究している模様。
彼のマシンのミッションは1速のみで、ハイスピードコースもヒルクライムも全て1速全開で走り抜けていく。
座右の銘は「欲張っちゃダメだ。(by:tacさん)」
マシン:150XC

カズミくん
会場でホタテキャップを見かけ、あれは何なんだと疑問に思い紆余曲折を経て本澤会にたどり着いた男。
前述の和田ぽんと正反対で、現在最も本澤会の扱いを間違えている人物。
カズミくん、ホタテキャップは欲しがるものではなく、無理やり押し付けられるものですよ!ポスターは崇める物ではなく、トイレマットやちりとり代わりに使うものですよ!
某さわやかなバイク集団のリーダーをしている人に似ている気がしないでもない。
マシン:RR2T 250
image-8

ハジメちゃん
半人半獣のサイボーグ。
よくレース会場のコースの奥で若い女子を引き連れて歩いてる。
羨ましい限りである。
マシン:125SX
imageIMG_2251IMG_2249IMG_2248

James Lindsey
本澤会アメリカ支局長候補。
10年以上前に、バイクに乗る日本人を紹介してほしいとあちこちに声を掛けたところ、紹介されたのがTaniさんという運の悪さの持ち主。
まったく意味もわからずホタテキャップとホタテジャンパーを着させられ、本人の意思とは関係なく構成員にさせられる。
しかし、日本語がいまいちわからないのが幸いし、本澤会を「Racing Team」と誤解しているため、嬉しそうにジャージにホタテマークをアイロンプリントしている。
普段は専業主夫をしているが、合間に勉強を重ねこのたびMBA(経済学修士)を取得した努力家でもある。
マシン:CRF450R
image-577

Sofia Lindsey
Jamesの長女。とにかく可愛い。
本澤会を「Racing Team」と誤解している父親のせいで、ヘルメットと愛車をホタテステッカーで汚されたのに、「おめでとう!彼女も遂にRacing Teamに所属した!」とネットで紹介された。
マシン: PW50
image

<がみぃちゃン> MX、JEC、CGC等に出没
何をどう間違えたのか、JECに参戦するのに本澤会にサポートを依頼してしまった女子。
一見爽やかで、死臭加齢臭漂う本澤会には似つかわしくない存在。
まだエンデューロには慣れていない様だが、CGC夜のなみあいに出場する等チャレンジ精神旺盛なのでこれからも頑張って頂きたいところ。

初参戦の2016JEC阪下では(本物のワークスマシンなので)フレームNo.の打刻が無かった為、車検用紙のフレームNo.欄に「○○ml」と、エンジンに刻印されたギアオイル容量を記載して車検を突破するというよく分からない技を披露した。

ご両親は同伴していたが為にホタテキャップを押し付けられてしまい、それ以降レース会場で構成員を見かけると慌ただしく帽子を被ってくれるのだが、その姿を見る度に申し訳ない気持ちになります。。。

マシン:RM85L(ワークスマシン)、KLX140(ワークスマシン)
IMG_2639

<スーパートラクションマン>
優れたトラクション力ヂカラ(とらくしょんりょくぢから)を持つお助けマン。
自身の重量を活かし、どこでもグリップさせる事が出来る。
滅多に現れない隠れキャラ。

 

<本澤会札幌支局「菅原会」>
本澤会のノリを理解し、とても楽しく賛同してくれている北海道は札幌の愉快な仲間たち。
勝手に「本澤会札幌支局」と命名されたにもかかわらず、ノリノリで楽しんでくれている奇特な集団。

しかし、この度最終兵器「スガーラさん」の登場により、ただの支局ではなく「菅原会」の称号が追加されることとなった。企業でいう営業所が営業部になったような感じである。

★札幌支局長:テルさん
個性的なメンバーを取り揃えている札幌支局を取り纏めてくれているありがたいお方。
一見強面だが、気さくに接してくれる楽しくて優しい人。
仕事の関係で関東にもたまに顔を出しているが、大体こっそり来てこっそり帰ることが多い。
それで北海道の冬を乗り越えられるの?というほど細い。

注:「菅原会」の名称が与えられた今でも支局長は変わらずテルさんです。

image

★札幌支局:JKナガキ
眼が死んでいる。
バイクにも乗っている様だが、戦歴は不明。
身体の質量バランスがおかしく、一部ではSDガンダムなのではないかと噂されている。
本澤会長曰く、「いやぁイケメンでびっくりしました!!」
image

★札幌支局:岡さん
いつもにこやかに支局の面々を見守っている。
JKナガキと供に行動している場面が多く、そのJKナガキに車の助手席でビールを飲まれても怒らないやさしい人物。
支局長のテルさんとの付き合いが長いらしく、テルさん曰く「ありゃぁボンボンだ」「実は速いのに生活苦のために景品目的で初心者クラスに出場している苦労人だ」

その正体は情報収集のスペシャリスト。
「秘密結社岡リサーチ」の創始者であり、常日頃「あるもの」の情報収集に精を出している。
しかし、その情報収集が実を結ばないのが残念で仕方ないところである。
マシン:FE250
image

★札幌支局:クルムス野里
札幌にあるバイク販売店の営業。
支局の中でも特に本澤会のノリを好んでいるが、未だ本澤会長に会ったことがない。
この度、最終兵器「スガーラさん」を発掘した功績は本澤勲章ものである。
マシン:WR125
image

★札幌支局:スガーラさん
クルムス野里が発掘してきた素晴らしいキャラの持ち主。

状況を把握する能力に長け、適切なポジションに居て周囲を優しい気持ちにさせる為、優れた愛玩動物ともいえる。
とある理由でKTMとカワサキが嫌いになり、近々ハスクバーナに乗り換え予定である。

本澤会札幌支局は彼の出現により、本澤会札幌支局「菅原会」に昇進した。
マシン:YZ250X、SUZUKIキャリー
image-4

★札幌支局:LC瀧田(謹慎中)
本籍は「釘村忠私設応援団」
上記のとおり少々痛い。
本澤会長と会った事だけでなく、面識もない。しかし、本澤会のノリを理解し、賛同してくれている。
仕事は堅いらしいがあそこは柔らかいと噂されている。
マシン:FE250
takki